読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西Jr.の賜物に魅せられてきた

 

 

お久しぶりです、こんばんは。お皿です。

 

楽しい時間は早いことで、もう夏も終盤。悲しさでやってられないっすね⤵︎⤵︎

 

いきなりわたしの負のオーラ漂わせるマイナス発言からこのブログを始めてしまって申し訳ない>< またつまらないブログやってるなぁ くらいの軽い気持ちでお読みくださいませ( ˆˆ )/

 

 

 

タイトルを見たら察せる通り、

ANOTHER2016とでも言うべきでしょうか。

今の関西ジャニーズJr.が作り上げた

ANOTHER

を見てきました~〜!

 

 

わたしは辻本良くんに目を2つ引っつけて完全なる主観だけで観劇してきました。

 

辻本くんが出ていない時は パー っと全体を見渡す感じで見ていました。いろんな人のレポから「西畑大吾の本気を感じる」みたいな内容が読み取れまして、それも見たいと思ってたのですがさすがでしたね…

 

うまく言葉にできないのが心苦しくてモヤモヤするのですが誰かに伝えなきゃ気が済まないのでここに綴らせて頂きます!!!

 

劇中の西畑大吾くんには 大ちゃん なんて可愛らしい愛称では呼べないくらい気迫があって自分の役に威厳をしっかり持ってる。そんなふうに感じました。やはり関西のセンターを張るだけあるなって圧倒されました。

 

個人的に、大吾くんの涙を誘う演技が好きでした。島の端と端に漂着した彼らがやっと出会うシーンの、室くんが槍をドンッて叩きつけて沈めるところの大吾くんが、数日ぶりに会う仲間の肩をトントンって小さくして回って……久しぶりに会う仲間が生きていることを噛み締めるようなその演技がグッときました(>_<)

 

 

 

 

大西流星さんには「大きくなったなぁ」って毎期言ってる気がしますが、やっぱりまだ子供らしさも忘れてませんでしたね。船が嵐にさらされて海に落ちて溺れ死んでしまった風雅のお墓を前に あいつのぶんも生きる を歌う時とか、悲しみで足を折って墓の前にしゃがみこむ時とか、周りに比べると演技にはまだ子供らしさが見えるなって思いました。

 

その死んだ大西風雅くんもなかなかでしたね!

「ほんまは家族旅行やってんけどお父さんが冒険旅行なんて楽しそうやなって行ってこいって言ってくれて…ほんとに楽しかったと思ってる……ありがとう(かなりニュアンス)」ってな感じの天国からのセリフにすごくオバサン(わたし)は涙こらえました( ; ; )ありがとうのイントネーションが関西弁なところも涙ちょろりやったっす………

 

 

 

 

向井康二くんはやっぱりギャグセンスが光りましたね~〜!!!コニーさん?でしたっけ?そこは真似したらあかんやろ!っていうギリギリを攻めてくる感じ。はなまるを差し上げたかった◎!某社長をすこし小馬鹿にしたようなね…みんなが出来ないことをする向井くんは破天荒で気を引きました。

 

ここでちょっくら

【舞台中に変なこと考えてしまった】

のコーナーを挟みます。

 

死んで冷たくなった恭平の手をとって「寒かったやろう…」って言いながら膝に頭を乗せて高くして恭平に腕を回すのですが、その回してる右腕の指先(親指)があばらをちょりちょりなでてるんすよ。そのちょりちょりが気になって気になって!!!わたしだったらこしょばくて吹いてるわ!!!なんて舞台中に変なこと考えてしまいました。゚(゚⊃Д⊂゚)゚。

 

 

 

 

わたしが去年頃から応援してる辻本良くんはまた身振り手振り大きく全力で踊ってるな!!って感じでした。 Hi!Ho! でカバの着ぐるみを着て1階上手バルコニーから登場するのですがぴょんぴょん跳ねながらハイホーハイホーしてくれるところが可愛かったです( ु ›ω‹ ) ुあんなカバさん飼いたい(危険)

 

そんなかわいいシーンも持ちつつ、幕間あけてすぐの MysteriousDance ではキレッキレでかっこよくキメてくれるんですよ。 MysteriousDance の立ち位置はほぼ最下手だったと思うのですが、少なくともわたしの目を1秒たりとも離せなくするくらいはかっこよくてひきつけられるようなダンスでした。

 

 

そのおかげでわたしは室くんの見せ所であっただろう棒に乗るヤツはひと目もくれてないんです…………(後から姉に内容聞きました)

 

 

わたしが少しもよそ見できないくらい魅力的に踊る辻本良くんにわたしの心はまた持っていかれました。あと少しでANOTHERも終わってしまうけど行く機会がある人には絶対 MysteriousDance の辻本良くんを見て欲しい!!本年中学生になって、入った当初から比べるとすごく成長を感じられます!!!!

 

 

 

 

ショータイムはほんの一瞬で終わってしまうから儚かったなぁ~……気づいたら大吾くんが挨拶してるんだもんな…………

 

 

 

 

 

来年は来年のメンバーで作り上げられたものがあってそこには今年のメンバーで作り上げられたANOTHERはなくて、その新しくなっていく物語たちには尊さしかなくて。もっと細かく言えばその日その日の新しさがあってアドリブがあって改善点があって、、そのひとつひとつを忘れないようになんて無理な話だけど心に留めておきたくて。

 

そんな気持ちにさせてくれるのは関西ジャニーズJr.にしか作れない空気感だったのだと思います。

 

 

 

 

また来年も違った関西ジャニーズJr.に飲み込まれたいなぁ。

 

 

 

 

本日も長々と最後までありがとうございました!